SENJU PUBLIC NETWORK EAST

空き家からはじまる新しいまちづくり

ARCHIVE

KiKi北千住 店主 まさたろうさん ちさとさん

日本茶と雑貨の

新たな魅力を堪能できる

古民家カフェ

近年では、住みたい街ランキングにも登場するようになった千住。

交通の便がよく、駅ビルもあり、グルメな人が集う飲食店も続々とオープンし、

一方で昔ながらの商店街や路地、銭湯、古民家など、昭和っぽさも色濃く残っています。

 

そんな新旧が交差する千住のまちの中でも、

東京電機大学の誘致で大きく変わりつつある北千住駅の東口エリアを中心に、

そこで働く人、暮らす人を紹介していきます。

今回は、築90年の民家を改築してカフェにした『KiKi北千住』を営み、コロナ禍でもチャレンジを忘れない夫婦ユニット『KiKi』のまさたろうさん、ちさとさんを紹介します。

 

―迷路のような路地の先にモダンな古民家―

 

北千住駅の東口を出たら東武スカイツリーラインの線路づたいに南へ。背をかがめて通る小さなトンネルを抜けて線路の下をくぐり、入り組んだ路地を進むと、黒い壁に白くて小さな看板が映える古民家があります。ここは2018年に住み開きを始め、2020年にお店としてオープンした『KiKi北千住』。日本茶を楽しめる茶寮であり、器などセンスのよい日用品のセレクトショップでもあります。

 

店内の様子。畳の喫茶スペースとオープンキッチンの間に物販スペースがある。

靴を脱いで室内に上がると、懐かしいけれど洗練された空間にハッとします。天窓の光を反射してキラキラ輝くガラスの器、ひとつひとつ風合いの異なる木のカッティングボードなど、キッチンまわりの小物が並んでいます。小上がりの畳の一角が喫茶スペース。こちらではオリジナルの日本茶を使ったドリンクや甘味をいただけます。

お店を運営しているのが、夫婦ユニット『KiKi』として活動する夫のまさたろうさんと妻のちさとさん。2020年にお子さんも産まれて、子育てをしながらお店をつくり上げているところです。

 

―飲み慣れた日本茶を新しい形で提案―

お店では日本茶をベースに、お茶の新しい魅力を提案しています。提供する主な日本茶は、『FUU』『SUISUI』『GEKKO』の3種類。静岡県の茶園とのコラボで生まれ、シーンに合わせて個性を楽しめます。

 

お茶を淹れてくれるまさたろうさんのお茶談義を聞きながら、『FUU』をまずひとくち。口に含むとじんわりと甘みが舌に広がり、息が香りで満たされて爽やかな風が吹き抜けるような感覚に。思わず「ふーっ」とため息が漏れ、気分が変わるのがわかります。

「本を読みながら、仕事をしながらなど、お茶とともに過ごす心地よさを実感するきっかけになったらうれしいです」(まさたろうさん)。

お茶の風味をじっくり味わいながら、歴史を感じる室内を見まわしたり、外の風の音に耳をすませたりと、些細なことに敏感になっている自分を感じます。普段、お茶はのどの渇きを癒すためにゴクゴク飲み干していたことを深く反省…。

3種類の日本茶は、茶葉の販売もしている。

『FUU』:食後のリラックスタイムに。キレのよい煎茶とうまみの強い玉露をブレンド。ほどよいボディと渋みを感じつつ、まろやかで口の中をリセットしてくれる。

『SUISUI』:デスクワークなどの集中したいときに。煎茶とハーブ(ホワイトウィロー、レモングラス、ミント)をブレンドし、すっきりと飲みやすく、飽きがこない。

『GEKKO』:落ち着いた語らいの時間や家呑みの席で。優しく甘みのある和紅茶に添えられた焙煎のスモーキーな風味が印象的。ウイスキーのようにちびちび飲むほか、炭酸抽出すればハイボールのようにも楽しめる。

 

ドリンクは正統派の日本茶にとどまらず、炭酸やミルクで割ったお茶などバリエーションも豊富。また、お茶に合う甘味も楽しめます。開店当時から定番の最中は、その場で炙ったパリパリの皮に、和菓子屋さんから仕入れた餡、イチジクとバターを挟みます。純和風の定番に落ち着かず、新しい試みをするKiKiの2人にぴったりです。

新メニューのパフェ。最中やわらび餅、茶葉などをトッピング。

 

―“住み開き”という生活スタイルを選択―

このお店を開く前から、日本茶や和菓子をさまざまな場で振舞っていたKiKi。お店として営業する前、ここは自分たちの手でリノベーションした2人の住まいでした。不定期で服の販売会や食文化の勉強会などのイベントを開催しながら、生活の場を見せる“住み開き”をしていたのです。

 

KiKiの2人。左がちさとさん。右がまさたろうさん。

 

現在、まさたろうさんは茶寮の飲み物や甘味の提供を担当。日本茶が好きで、日本茶の専門店で働いた経験があるほど。もともとは大学で空間デザインを学び、不動産会社でホテル開業事業に従事した経歴を持ちます。実家は長野県の老舗旅館だそう。

「意識はしていませんが、自分たちの場所に誰かが訪ねてきて楽しんでもらう、という部分は、実家が宿だったことに影響を受けているのかもしれません。和な雰囲気に惹かれるのも、旅館で生まれ育ったからなのかなと思います。仕事と生活が一体化しているのが理想で、今の暮らしには満足しています」(まさたろうさん)。

ちさとさんはKiKi北千住で運営や商品のセレクトを担当。そのほかデザイン業務や記事執筆にも携わっています。東京で生まれ育ち、美大でデザインを学んだ後に勤めた会社で、日用生活品の商品開発を担当していました。そのうちモノが置かれる空間にも興味が湧き、DIYを実践しながら技術を習得していきました。

 

―住み開きできる物件を探して千住へ―

風情のある古民家は築90年のものをセルフリノベーション。2人とも創作活動をしているので、活動スペースとして機能的でいて、お客さんを招いてイベントをするためにある程度開けた空間にしたかったそう。物件選びの条件は2つ。1つは間取りから自由にリノベーションできること。2つ目は、完全な住宅街ではなく、人の暮らしが見えて文化も根付くストーリーのある街であること。都心から40分圏内で、西は神奈川県の二宮から東は北千住など東東京エリアまで半年かけてリサーチしました。

北千住は2人とも大きな繋がりはなかったそう。なぜ候補になったのでしょうか?

「私は世田谷区で生まれ育ったので、東側は詳しくありませんでした。でも、会社員時代の職場が台東区にあったことでまちの様子を肌で感じることができ、下町の雰囲気に居心地の良さを感じるように。物件探しをお願いしていた不動産屋さんが北千住に住んでいて、住みやすいとおすすめされたり、友人が住んでいたりしたことから、“1人でも知り合いが住んでいれば安心”と物件を探してみることにしたんです」(ちさとさん)。

「梁が立派なこの建物に出会い、一目惚れしました」(まさたろうさん)。

リノベーション中、すぐにご近所さんとの交流も生まれたと言います。

「工事の音が近隣の迷惑になるのではと気にしていましたが、近所の方たちは温かく見守ってくれていました。道で会ったら挨拶をしてくれたり、ジュースをくれたり(笑)。自分たちもまちの様子を知ろうと出歩いてみると、飲食業やアート活動など、千住は独自の活動をする人が多いことに気づきました。古いまちなのに新しいことも受け入れられやすく、今も刺激をもらっています」(ちさとさん)。

 

―築90年の民家を自分たちの手でリノベーション―

2018年に物件が決まり、リノベーションをスタート! 屋根の工事など高い技術が必要な部分はプロにお任せして、ほかの作業は仲間の手も借りながら、極力自分たちの手で完成させました。

物件を借りた当時の状態。床もなく、とても人が住める状態ではなかった。

壁は漆喰を塗って明るい雰囲気に。意外と力を使う重労働。

 

「建築士の友人に監修してもらっていたので、素人の手でも安心感はありました。この建物はもともと部屋がいくつかに仕切られ、全て和室だったんです。ただ、畳も床材もない状態で苦労も多かったです。立派な梁はそのまま生かしたので、コンパクトなお店でも圧迫感がなくて気に入っています」(ちさとさん)。

建物と同様、年季の入った棚などの家具も空間になじんでいます。

「千住には古い民家がいくつもあって、そこから使わなくなった棚をいただきました。古材を集め、自分で作った棚もあるんですよ。捨てられそうだったものが、こうして活用されるとものも喜んでいるような気がしてきます(笑)」(ちさとさん)。

壁の一部を彩る深いブルーのタイルは、タイル職人であるちさとさんのお父さんの指導のもと貼りました。ひと昔前の建物の外壁によく使われていたデザインだったようで、タイルによってレトロで洗練された雰囲気に。

解体されてしまう古民家の家主から譲り受けた古い茶箪笥。傷も含め、今の家具にはない味わい深い存在感を醸し出している。

 

住み始めると、1年目は冬の寒さがこたえたそう。住みながら、その都度不便なところは手直ししてきました。

「隙間風が入ってきて、冬はかなり辛かったです(苦笑)。そこで翌年は二重窓にしたり、断熱材を入れたりして何とか住めるように。寒い日はハンテンを着てこたつに入れば何とかなります(笑)。冬は工夫が必要ですが、その分夏は風通しが良くて気持ちがいいですよ。窓が多いので雨音が聞こえるなど、外の雰囲気を感じられる良さもあります」(ちさとさん)。

 

―“住み開き”から“茶寮&日用品のお店”に―

住まいの環境を整え、不定期でイベントを開催して住み開きを続けてきましたが、住まいはほかに移すことに。より多くの人に知ってもらうために、日常的に飲食を提供するお店として2020年にオープンすることにしたのです。キッチンなどの水回りを再びリノベーションする必要に迫られ、資金はクラウドファンディングで調達。お礼は茶葉や喫茶の利用券などとし、目標額を達成しました。

「これまでリノベーションの作業や資金面で約100名に協力していただきました。自分たちに共感して援助してくださったのはとてもありがたかったです。お茶を通して、良い時間を過ごしてもらい、お返しができればと思います。

住まいから店舗にリノベーションした際は、キッチンの改装がいちばん大変でした。飲食業として運営するにあたり、保健所の規定に沿う仕様にしなければならなくて…。当時はお茶をゆっくり飲む時間もなく、気持ちがすさんでいたこともありましたね(苦笑)。苦労の末に完成したオープンキッチンからはお客さんの様子が見え、会話ができるのも気に入っています」(まさたろうさん)。

住まいからお店にするにあたって苦労したのが、空間のつくり方だったと言います。

「小さなお店に買い物と喫茶の2つの用途を入れなければならず、それぞれ違う目的のお客さんが混在しても心地よく過ごせる空間に整えるのは難しかったです。お客さん、そして私たちの導線も考えて客席を移動させたり、商品の陳列方法を試行錯誤したりしました」(まさたろうさん)。

 

玄関を上がってすぐのエリアに商品が陳列されている物販コーナー、その奥にオープンキッチンがあります。物販コーナーで斜め後ろを振り返ると喫茶スペースがあります。実は玄関と喫茶スペースは横並びですが、引き戸で仕切られているため、入って来たお客さんとお茶を飲んでいるお客さんが顔を合わせるまでの間があり、余計な緊張感は生まれません。商品も古い棚にゆとりを持って陳列されているので空間に馴染み、商品に興味があれば気軽に見られます。また、小上がりの喫茶スペースはキッチンに立つ店主とも目線の高さにあまり差が出ず、近すぎず遠すぎずの距離感も心地よさを演出してくれています。

 

店内の物販コーナーには、茶葉やティーポットなどのお茶関連のものだけでなく、2人が愛用している器などの雑貨などが並びます。セレクトは主にちさとさんの担当。手づくりのものに限らず、工場である程度量産されるようなものも並びます。

「職人さんがひとつひとつ手作業で作ったものこそ素晴らしいという風潮がありますが、機械で作られる工業製品にもよいものはたくさんあります。陶器のように見える樹脂製の保存容器など、日常で多少荒っぽく使ってもへたらない丈夫さや機能性を持ちつつ、手に取りやすい価格帯という良さもあるので、お店ではバランスをとってセレクトしています」(ちさとさん)。

何気ない日常を大切にしながら、どんなときも新しい試みを忘れないKiKiの2人。気負わず、小さな感動を運んでくれる生き方に、共感の輪が広がっています。何かに迷ったら、この入り組んだ路地を進んでひと休みしてみよう。自然と五感が研ぎ澄まされ、帰り道は迷うことなく次の場所に進めるはずです。

 

<ショップデータ>

KiKi北千住

足立区千住東1-16-2

電話:非公開(公式ホームページに掲載のLINEアカウントから予約可)

【定休日】火曜・水曜

※2021年10月現在、新型コロナウイルス感染拡大を受け、営業状況が変化するため、公式ホームページから確認してください。 www.kikikitasenju.site

 

イラスト:秋山弥生

取材・原稿:西谷友里加

 

NEWS TOP